24 3月不登校を家族だけで抱えずに通信制高校を利用しよう

通信制高校を利用する若い世代が増加していると言われています。高校を中退する生徒は非常に少なくなってきましたが、減少している高校中退児童の間で、圧倒的に多い中退理由が、人間関係に対する不信なのだそうです。いじめなどで不登校になってしまう生徒がいるそうです。


通信制高校が率先して取り組む生徒の人間関係

通信制高校では、人数が少ないということが時間を自由に使えることと別に、特徴として挙げられます。やはりまだ全日制高校に通う生徒の方が多く、通信制高校の生徒は非常に数が少ないと言えます。しかし少人数には少人数のメリットがあるのです。この特徴を生かして、生徒個人にしっかりと目を配り、先生と生徒の距離を近づけている通信制高校は少なくないそうです。


不登校児童のケアを行う場合も

引きこもりなどの生徒や、不登校児童は、自宅から一歩も出られないほどのトラウマを抱えてしまっている生徒もいます。このような場合には、先生が自宅まで訪問し、一緒に散歩を行うなど、専門の指導を行うサポート校と提携している通信制高校もあるそうです。家族以外にはなかなか頼れない問題、親も本人もつらい問題は、家族だけで抱え込まず、先生と一緒に前に歩むことができるのです。

不登校の方でも入学できる通信制高校・・・・http://www.sevillaporlarepublica.org/

Comments are closed.